So-net無料ブログ作成
検索選択
QLOOKアクセス解析

[CTP3] PowerShell ISE での日本語入力とフォント指定 [PowerShell]

PowerShell v2 CTP3 で“Graphical Windows PowerShell”から名前が変わった“Windows PowerShell Integrated Scripting Environment (ISE)”の話です。

常用するかどうかは迷うところですが、とりあえず試してみようとさわったところ、どうも MS IME の入力モードが切り替わらず日本語入力ができません。[追記:PowrShell 2.0 では治っています。ちゃんと最初から日本語入力に切り替え可能です。] まあ、コメントを英語で書いたほうがいいんじゃないのと言われればそれまでですが。。。

とりあえず、メモ帳で入力した日本語文字列を貼り付けて表示できるかどうかを試してみるとそれはうまくいきます。それどころか、その後は半角/全角キーで入力モードも切り替わり、その場での入力も可能となります。

どうやら ISE 起動後に、一度メモ帳などで入力モードを切り替えてから ISE に戻ると、その後は ISE 上でも入力モードを変更することができるようになるようです。

バグのようですね。

ついでに、フォントを変更したいと思ったのですが、メニューにはそのような項目はなく、
$psise.Options.Fontname で設定するのですね。

ISE 用のプロファイル Microsoft.PowerShellISE_profile.ps1 に

$psise.Options.FontName = 'ms gothic'

などと書いておけば指定できました。
プロファイルの置き場は
\Documents and Settings\<username>\My Documents\WindowsPowerShell

\Users\<username>\Documents\WindowsPowerShell


タグ:powershell
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る
人気ブログランキングへ
 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。