So-net無料ブログ作成
QLOOKアクセス解析

[CTP3] ISE での Write-Progress 表示 [PowerShell]

PowerShell ISE だと Write-Progress の表示は、普通のコンソールのように色違いの文字でコンソール上部に表示されるのではなく、ダイアログボックスが出てきて、そこにプログレスバーとして表示されます。
ISE の環境だとその方が見やすいのでうれしいです。

progress.jpg

-ParentID を指定した、子動作状況は、親と同じダイアログ内にインデントされて表示されます。

ところで、ISEでは -Completed スイッチでプログレス表示を消す場合の動作がコンソールの時と異なっています。
コンソールの時は間違えて(親の動作状況に対して) -ParentId に -1 ではない値を指定してしまっていてもプログレス表示が消えていてくれたのですが、ISEでは正しく -1 を指定するか、あるいはそもそも -ParentID を指定しない場合でないとダイアログが消えてくれません。

ISE が悪いのではなく、コンソールでのチェックが甘いために自分のミスに気づいてなかったのですけど、なかなか原因に気づけませんでした。


タグ:powershell ise
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る
人気ブログランキングへ
 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。