So-net無料ブログ作成
検索選択
QLOOKアクセス解析

WCF を PowerShell から使う [PowerShell]

PowerShell から WCF Service に接続する方法ってどうするのかなと思って調べたので、忘れないようにメモしておきます。
PowerShell 1.0 の場合はいろいろ面倒だったようなのですが、
PowerShell 2.0 なら
New-WebServiceProxy
を使ってとても簡単に接続できるようになっていました。
ありがたい。

タグ:WCF

PowerBoots を試してみる [PowerShell]

PowerBoots を試しに使ってみようと思い、
PowerShell From Japan!!の記事「PowerBootsをインストールする」
http://blog.powershell-from.jp/?p=148
を参考にインストールしてみたのですが
Import-Moduleのところで署名関連のエラーが出て、
そのままではうまくいきませんでした。
この記事の対象はVer0.1で今はVer0.2だからでしょうか。
そこで、ダウンロードしたファイルについている署名部分は
全部削除してやるとうまくいきました。
ただし(私の環境での通常設定である)ExecutionPolicyがRemoteSignedのままで面倒なく使うには、
リモートからダウンロードしたファイルだという情報を消さなくてはいけません。
いろいろ方法はあるのでしょうが、
notepad でファイル名に :Zone.Identifier を付けて開くとファイルをどのゾーンからダウンロードしたかの情報を編集できるというのも知りました。
notepad ".\WpfTypes.format.ps1xml:Zone.Identifier" のようにです。
これでゾーンの種類を2以下にすればリモート扱いされないようになります。
もちろんこの書き換えは自己責任で。。。

メッセージを送る
人気ブログランキングへ
 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。